« 病気予防と改善(口内炎) | トップページ | どーでもいいお話シリーズ1 »

病気予防と改善(口内炎)

こんにちは(・∀・)

山椿のセラピストの吉田です


いつも読んでいただき、本当にありがとうございます


3連休最終日ですが、皆様はどのようにお過ごしでしょうか?


今日は、勤労感謝の日ですから、日頃頑張っている自分をねぎらって、ゆっくり過ごすのも良いですね

もしくは、家族サービスを、、という方や、仕事の方もいらっしゃるかもしれないですが

いずれにせよ、お天気に恵まれたので気持ちの良い一日になりそうですね

旅行の際は、何事もなくに帰路につける事を願ってます


さて、病気予防と改善について前回に引き続き

病症の予防や改善のお役にたてていただけるように、ご紹介していきたいと思います


今日は、口内炎についての続きです

口内炎といっても…種類はいくつかあるみたいです(;´д⊂)


口内炎の種類


1、アフタ性口内炎〜
白く小さいくぼみができて痛む。
→最も一般的な口内炎。過労や寝不足、ビタミン不足、ホルモンのバランスの乱れが原因で、1〜2週間で治る。

2、ウィルス性口内炎〜
水疱が生じ、痛みがあり、熱が出る。
→ヘルペスウィルスなどの口内炎。過労や寝不足で抵抗力が落ちた時に出来やすくなる。

3、カンジタ性口内炎〜
頬内側や舌が苔上に荒れる。
→口腔内き常在する、カンジタというカビが原因いん。子供や高齢者、病中病後など体力がない人に起こりやすくなる。

4、カタル性口内炎〜
赤い炎症や荒れたり、白くただれる。
→虫歯や歯槽膿漏などで、口腔内の衛生状態が悪かったり、ビタミン不足が原因で起こりやすくなる。

以上です

それではまた次回、お楽しみに


今日も一日、笑顔で過ごせますように

|

« 病気予防と改善(口内炎) | トップページ | どーでもいいお話シリーズ1 »

心と体」カテゴリの記事