« どーでもいいお話シリーズ1 | トップページ | 病気予防と改善(二日酔い) »

病気予防と改善(二日酔い)

こんばんは(=゜ω゜)ノ

山椿の吉田です


忘年会シーズンとなりましたね

12月に入って、お酒のお付き合いが増えた!という方もいらっしゃると思います

飲んでいる時は楽しいのですが、ついつい飲み過ぎてしまうと、

翌日…

めまいや頭痛、吐き気などの症状を起こしてしまいます(>_<。)

これが、二日酔いです
肝臓が分解できるアルコール量の限度を上回る酒量を摂取すると

アルコールが残ったり、分解途中のアセドアルデヒドが前進を巡ったりするために

このような肝臓のオーバーワークによる辛い症状が起こってしまいます
(>_<。)(>_<。)(>_<。)

そんなあなたに、嬉しいテーマですよ(=゜ω゜)ノ

二日酔い予防について


ちなみに、私はお酒が弱いです
(*´д`*)

たまに、二日酔いになります

皆様はどうですか?


〜二日酔いを防ぐお酒の飲み方〜

1、飲む量を減らす

2、同時に、おつまみを食べながらゆっくり飲む(空腹時は胃にアルコールが吸収されやすく、急激にアルコール濃度が上がるため)

3、飲む前に、アルコールの分解を助ける食品や肝機能を高める食品をとる

クルクミン(ウコン)…胆汁の分泌をうながしアルコール分解を高める。
例、カレーライス


メチオニン…活性酸素をとりのぞき肝臓強化作用、解毒作用がある。
例、カツオやレバー


セサミノール…強い抗酸化作用があるので、肝機能を高め、二日酔い防止。
例、ごま油


乳製品…胃壁をアルコールから保護し、急激な吸収を防ぐ効果があるので、悪酔いの予防に効果的。
例、チーズや牛乳

次回も引き続き、二日酔い予防について

お伝えしますね

気をつけていても、途中から、、、何やら、、、雲行きが怪しくなってきてしまう事もありますもんね


そんな時の救世主

アセドアルデヒドの分解を助ける力がある成分
Lシステインや、タウリンについて


お話したいと思います
それではまた

楽しくお酒がのめるといいですね


|

« どーでもいいお話シリーズ1 | トップページ | 病気予防と改善(二日酔い) »

心と体」カテゴリの記事