« 肩こりが凝り固まる訳 | トップページ | お悩み相談室 »

福に憑かれた

こんにちは

山椿の友子です

早いもので、明日から11月ですね

コメント、ありがとうございます

とっても嬉しいです

さて

今日は、「福に憑かれた男」という喜多川泰さんの本から抜粋です

「あなたの目の前にある問題は、決して難しくありません。なぜなら、その人に出る問題というのは、その人が、魂のレベルを向上させるために解決すべき問題だから。」

このような考え方は、色々な著書で読んだことがあります

でも、この著書は、そのようなピンチ(魂のレベルを向上させるために解決すべき状況)を

「福の神のとり憑かれている」

と表現していて、おもしろいなァと思いました

気になる方は、お店にあるので、目を通してみて下さいね

その観点から言うと、応用して

(肩こり編)

福の肩の辺り担当の神(肩の血流レベル?を向上させるために解決すべき状況)

という言い方も、お洒落ではありませんか

言いにくいですか

はい。ややこしいですねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

以前、20代前半のお客様が来店されて、真剣な表情で

「私、まだまだ若いのに、あまりにも肩痛いから、友人に、何かとり憑かれてるんじゃないか?って言われて、お祓いを薦められたんですう〜。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

といって、来店されたことがありました

アロマ整体で、良くなったみたいで、お祓いは行かなかったみたいですが

これからは、そんな状況の方には、

「神様が憑いてるんですよ」と言ってあげたいです

くだらないお話で、すみませんでした(*v.v)。

今日も一日、ファイト

次回は、腰痛「ぎっくり腰」についてです


お楽しみに


|

« 肩こりが凝り固まる訳 | トップページ | お悩み相談室 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肩こりが凝り固まる訳 | トップページ | お悩み相談室 »