« プレゼントキャンペーン | トップページ | 今年も残すところ »

オードリーヘップバーン

こんにちは


山椿のともこです


山椿は、今日で今年最後の営業となりました

私にとっては、あっという間の一年でしたが、皆様はいかがだったでしょうか?

ブログも、マイペースではありますが、こうやって続けてこれたのも、皆様のおかげです

ありがとうございます
m(_ _)m

今年も、皆様の応援や、コメントに勇気づけられました、ありがとうございます

嬉しかったです

コメントいただいていた、白いハチマキさん、山椿にエントツは無いです正解

(メルヘンな心の目で見れば、あるのかな?)


さて、


今年最後の話題は、「オードリーヘップバーンの愛した詩」

をご紹介したいと思います


先日、シティ情報ふくしまさんの雑誌の取材で

「女子力アップのヒケツは?」

というインタビューをうけたのですが


(回答は、シティ情報の二月号をご覧くださいね)


見た目も内面も磨いて、いつまでも美しく輝いていたいなぁ

ということを、目標にして、これからも精進していきたいです


そんな話題から

ふと、思い出した詩をシェアしたいと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

〜時を超えた美しさの秘密〜


魅力的な唇のためには
優しい言葉を紡ぐこと

愛らしい瞳のためには
人々の素晴らしさを見ること

スリムな体のためには
飢えた人々と食べ物を分かち合うこと

豊かな髪のためには
一日一度
子供の指で梳いてもらうこと

美しい身のこなしのために
決して一人で歩むことがないと知ること

人は物よりはるかに多く回復し、復活し、報われる事が必要なのです

繰り返し繰り返し
報われることが

決して何人たりとも見捨ててはなりません

助けてくれる手が必要なとき

自分の腕の先にその手があることを
思い出して

年をとると
人は、自分に二人の手があることに気がつきます

一つの手は、自分自身を助けるため

もう一つの手は、他者を助けるために

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


長くなりましたが、

最後までお付き合い、ありがとうございました

それでは


|

« プレゼントキャンペーン | トップページ | 今年も残すところ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメント、拝見させていただきました・・・
先生のお答え、お見事 できますのう( ̄ー ̄)ニヤリ
オードリーが亡くなる年の最後のクリスマス・イブに二人の息子に読み聞かせた詩・・・、ステキなお話ですよね。
そういえば、この詩には続きがあるそうです。
「女性の美しさは身にまとう服にあるのではなく、その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
女性の美しさは顔のほくろなどに影響されるものではなく、その本当の美しさはその人の精神に反映されるものなのです。
それは、心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、その美しさは年を追うごとに磨かれていくものなのです。             サム・レヴィンソン

長くなって、すみません。
それでは、先生、良いお年を

投稿: 白いハチマキ | 2010年12月31日 (金) 03時44分

いつも勉強になるブログありがとうございます

今年は毎回癒しをありがとうございました


来年も変わらぬご愛顧をお願いします


良いお年をお迎えくださいね

投稿: いのっち | 2010年12月31日 (金) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレゼントキャンペーン | トップページ | 今年も残すところ »